☆サスケ風呂☆~L’Étranger編


昨年、興國からMF樺山諒乃介ら4選手が19年J1王者の横浜FMへ進んだが、今年も興國から20年J1王者へ逸材が進むことになった。冒頭にも述べたが、ペレやマラドーナも成績やプレーの面ではサッカー界に大きな影響を残したし、彼らを見てサッカー選手になったという人材も少なくはないと思う。 その他にもバロンドールを3度受賞したり、監督としての手腕だったり、バルセロナの育成システムを築き上げたりとサッカー界に残した功績はあまりにも大きい。個人的にはこの考え方がクライフとトータルフットボールが残した功績の中で最も大きいものだと思っている。 ポジティブなフィードバックは、選手たちの自己承認欲求を高めて、自発的に次のアクションを起こすための原動力にさえなります。三杉くんもスマートで天才的で美しいプレーをする選手だな。 これは間違いなくクライフがつけていた14番にスマートで天才的で美しいプレーをする選手がつける番号とのイメージが刻み込まれ、伝統的に世代をまたいで受け継がれ、今なお人気のある番号となっているのではないだろうか。 それはもう10番や9番と同じくらいに14番を付けたがる選手は多かったし、今現在の草サッカー界でも人気のある番号だ。 ホッ、元気そう。

サッカー スペイン リーグ が、その中でも人気のあった背番号が14番だった。 が、クライフはそれに加えて、大袈裟に言うとサッカーの概念すら変えてしまうようなことを実践した人物だった。 まずこの「スペース」という概念がその後のサッカー界に大きな影響を与えている。騒音に悩むメッシ家は隔壁などの対策を検討したが、建築規則で断念。 アカウントの登録だけで受け取れる新規登録ボーナスは30ドル+フリースピン20回と他のオンラインカジノよりも多めです。 1960年代は「世界が変わり始めた10年」として、いつまでも私たちの記憶に残り続けています。 この革命こそがサッカーが今でも世界中で愛されている大きな理由なのではないかと。革命3:背番号14を憧れの番号にした!革命2:クライフターンという必殺技を編み出す! 1968年のパリでは「五月危機(五月革命とも言う)」が起こり、政治が混迷を極めていました…彼は「五月危機」のときのパリの学生たち以上に、強烈に世界のサッカーを変容させたのです… もっと言えば世界の「キャプテン翼」の世界観にも影響を与えたんじゃないかとも推察する。 その上で、いま世界の頂点を極め観客に支持されるプリマに相通じるのは、旧来の価値観に囚われず挑み続ける強靭でしなやかな生き方ではないか。

私はリアルタイムでそのプレーを見た世代ではないが、その技は伝統的に伝わっており、部活時代には先輩のプレーを真似し、現在でも手持ちのフェイントの中に含んでいる。 カンテラ(下部組織)出身でチームからの信頼も厚く、豊富な運動量と的確なポジショニングでチームを支えている。北ホラント州ヘームステーデ出身。北駐車場から二の丸から三の丸まで見ますと、80分といったところです。作者はクライフ、ベッケンバウアーの時代の欧州サッカーを見ていたものと思われ(フランツやカールハインツという名前が登場する)、ドライブシュートやスカイラブハリケーンなどの必殺技もそれをヒントに生まれたのだったらスゴイことだなあ。 トリキュラーが誰かに認めてもらえるのが処方箋以上に快感で副作用を感じているのが単なるブームと違うところですね。当サイトでは、熱帯魚に憧れを抱く初心者のために、飼育方法を極力分かり易く説明します。音楽では、リバプール出身の4人の少年たちが新たなポップスを発明して伝説となり、ベトナムでは戦争が本格化。 しかしその決勝では、イタリア伝統の守備的戦術「カテナチオ」の発明者の1人とされるネレロ・向かうところ敵なしで臨んだ1968-69シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは、決勝戦まで進出。

空中戦に強かった事から、「ヘリコプター」の異名を持つ。戦術として、「トータルフットボール(流動的な選手のポジショニングで、攻撃的かつ優れたチームプレイを特徴とするサッカースタイル)」を志向したチームとして知られています。 ゾーンプレスもポゼッションサッカーもスペースありきで考えられた戦術だ。文字通りフィールドプレーヤー10人がポジションにとらわれずにピッチ上を動きまわり、それまであった守備と攻撃の垣根もなくしてしまった戦術。 ただ、クライフがいなければ成り立たない戦術であったし、クライフのための戦術とも言える。 レガネス 10人が際限なく走り回れるスペースを考えた時、最終ラインから最前線までをコンパクトにする必要がある。 しかしその中で、人として生きていく上で最低限守らなければならない聖域は絶対に侵しません。 クライフに、末端のサッカープレーヤーから最大限の感謝の意を。生まれる前から、生まれた後も、男である事にはありとあらる命に関わるリスクが常にある、コロナウイルスも男を狙い撃ちして来る、次の感染症パンデミックもそうだろう、そして寿命は十年短い。 ですが22歳の青年は、シーズンを通しての活躍によって多くのサッカーファンを獲得。 そんな姿を横目に、躍進を遂げたのがオランダリーグの名門、AFCアヤックス(以下アヤックス)でした。誰でも覚えやすく、キャッチーな名称をすぐに思いつく点に、漫画家としてのセンスが感じられるのではないでしょうか。 でもそれ以上に、忘れてはならないことがあります。 Sさんはそこで何度も尺上を上げており、期待も膨らむ。東洋の島国の末端プレーヤーに30-40年後も浸透しているプレーって凄まじいい知名度と影響力だなと感じる。 2010年代後半、レアル・


Leave a Reply

Your email address will not be published.